「スッキリ暮らしたいのに散らかってしまう」
「気が付くとどんどん物が増えている」

こんなお悩みがありませんか?実は、講座やレッスンでも同じお悩みを持つ方がとても多いです。

今からではもうムリなのでは…と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。ちょっとした心がけで、”ちょうどいい量”を持てるようになりますよ!

今日は、物が増えてしまう3つの原因・特徴と対策をお話していきます。

物が増える3つの原因・特徴

チェック

「気づくと物が増えている」というあなたは、もしかしたら無意識で物を家に迎え入れているのかもしれません。ご家族と暮らしている方であれば、ご家族が迎え入れていることもありますね。

例えば、4人家族でひとり1日1個の物を家に入れる場合、
4人×1個/日×30日=120個 になります。

1か月で120個も物が増えるのはちょっと衝撃ですよね。
どうしてそんなに物が増えるのかを考えていきましょう。ご自身にあてはめながら読んでみてくださいね。

みんなが持っているから

「みんなが持ってるから欲しい!」「持っとかなきゃ」と思うこと、ありませんか?

わたしの場合は、高校生ではじめて携帯電話を買ってもらったんですが、親にお願いしたときのセリフがまさにこれでした。(「親にはみんなって誰?何に使うの?」と言われました)

みんなが持ってるから、オマケがつくから、粗品がもらえるから欲しくなる気持ちもよくわかります。その一方で、そうやって手に入れた物の片付けで困っている方が多いのもまた事実です。

流行だから

「流行っているから買ってみたけど、自分には合わなかった」という経験がありませんか?

実は大学時代に花柄が流行った時期があって、「似合わないんじゃないか」と思いながらもスカートを買ってしまったんです。大人になってからの初花柄。

結果、やっぱり似合わなくてタンスの奥深くにしまいました。
流行だからと買うんじゃなく、自分が好きな物や着たい物を買ったほうがいいなと気づいたきっかけです。(ちなみに、その後花柄は買っていません)

流行りの服はカッコイイなと思う物があるし、着ていると安心感もありますよね。その一方で、ワンシーズンしか着られない場合も多いです。

損をしたくない「お得感」

あと○円で送料無料とか、あと○円でポイント5倍!というとき、追加で買ってしまうことがありませんか?実は、そういう方から「追加で買った物の収納に困ってる」と相談を受けたことがあります。

そのときは「お得」と感じても長い目で見れば要らなかったとか、収納するためにケースも買ったりしてますますお金がかかるということも多いんですよね。

物を増やさない対策

ここからは物を増やさない対策をお話しします。

具体的にイメージする

「欲しい!」と思ったら、まずは一息ついて

  • どんな使い方をするのか
  • どんなメリットがあるか
  • 代わりに手放していいと思える物があるか

を具体的にイメージしてみてください。落ちついて考えてみると、意外と買わなくてもいいかなと思えることもあります。

代わりに手放せる物がないなら買わないというルールづくりにも役立ちます。

自分の心地いいを見つける

流行を取り入れるのは楽しいですよね。そして、流行でなくても自分が心地いいと思える物をずっと使ったり着たりするのも楽しいものです。

流行を取り入れつつ本当に自分が好きで『心地いい物』をベースにすると、買ったけど着られない(使えない、使わない)物が少なくなって物が増えにくくなります。無駄な買い物も減るのでお財布にもやさしいですね!

買わなくても人生に影響はない

期間限定・数量限定と言われると「早く買わなきゃ無くなる!」と思ってしまいがちですが、そういうときこそ深呼吸して自分に聞いてみてください。

「買わなかったら、人生に影響がある?」

そんなことはほとんどないですよね。(わたしは今のところありません)

メルカリなどのフリマアプリを利用している方は「今このタイミングで買わなきゃ!」と思う瞬間があるかもしれませんね。

でも大丈夫、本当に必要な物はメルカリ以外でも手に入ることが多いですし、なければないでどうにかなることも多いです。(わたしの経験上)

関連記事:お気に入りに囲まれるために大事な3つのコツ

散らかる根本原因は物が多いこと

ここまで物が増える3つの原因・特徴と対策をお話してきました。わたし自身の経験やお客様を見ると「散らかる」と悩んでいる人の共通点は「物が多い」ことです。

なぜ散らかってしまうかといえば

収納スペースに収まりきれない
→新しい収納用品を買う→新しい物が増える

管理できる物の量を超えている
→手を付けられなくなる

という2つのパターンが多いです。

どちらのパターンも、まずは”管理できるちょうどいい量”まで物を減らすことから始めてみましょう。対策は、上に書いた考え方を意識することからスタートしてみるといいですね。

収納スペースが少ないお宅もあるかもしれませんが、収納を工夫しながら、あわせて自分で管理できる物の量かどうかを一度考えてみましょう。

まとめ

今回は、物が増える3つの原因・特徴と対策、そして散らかる根本原因についてお話ししました。

わたし自身、整理収納を勉強するまで片付けが苦手で、散らかった部屋で生活していた時期も長いです。だからこそ、どうすれば自分や家族にとって居心地がいい家になるのかを考えてきました。

今回お話しした視点を持ったからと言ってすぐに解決するわけではありませんが、「物が多い」と感じている方が状況を変えていくには必要な視点です。

この視点を持って実践し続けた結果、今ではわたしだけでなく、家族も「帰ってきたくなる」家にすることができました。あなたやご家族にとって、居心地のいい家をつくる参考になれば嬉しいです。

関連記事:
お気に入りに囲まれるために大事な3つのコツ

\まねしたいプロの技がいっぱい!/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
◆ 講座・セミナー・企業研修のご依頼はこちら
講座・セミナー・企業研修

◆ 整理収納(訪問・オンライン)のご相談はこちら
おうちの整理収納レッスン

◆ 募集中の講座・セミナーはこちら
講座・セミナー予定・募集

◆ ご質問・ご相談、お気軽にどうぞ♪
お問い合わせ

◆ サービスメニュー一覧はこちら
サービスメニュー一覧

◆ お役立ち情報をお届け中♪