企業さまご依頼のセミナーで紹介した我が家の文房具収納。
我が家の文房具収納の最大のポイントは【定位置管理】。
「なるほどね~!!」という感嘆も聞こえるほど好評だったので、紹介しますね♪

定位置での管理がマストな理由

定位置で管理するのがなぜ大事なのか?というと・・・

その都度、探す必要がないから

です。逆に定位置が決まっていないということは、戻す場所も決まっていないということ。

もともとあった場所に戻す人もいれば、別な場所に置く人もいるかもしれません。そのときどきで置く場所が違う人もいるかも?


別な場所に置いてあると、次に使うときに
「どこに置いたっけ?」、「どこにあるんだろう??」と探し回ることになります。
(わたしも、うっかり別な場所に置くと探します、、、)

自分ですら置いた場所を忘れてしまいます。
あなたもこんな経験ありませんか?


経験がある方はお分かりかと思いますが、探す時間やエネルギーがもったいないですよね。モノ探しでイライラしたり、不安になることもあるかもしれません。

それが仕事のミスにつながってしまうこともありますよね。


一方、物を定位置で管理すると

探し物がなくなる
 ⇓
使いたいときにすぐに使える
 ⇓
時間・エネルギーを有効活用できる

ということなんです。
探さないための仕組みづくりをするだけで時短につながります♪

誰でも戻せるシンプルな仕組み

我が家ではそれぞれの物の定位置が決まっています。

小さなスペースでの定位置がわかりやすい文房具を例に説明します。
文房具収納がこちら!

探さない 文房具収納

ザックリ収納ですが、
・自分たちにとって使いやすい
・状態をキープできる仕組み
  になっています。

いちばんのポイントは

定位置にラベルを貼っている

こと。
文房具を全部取り出すとこうなります。

探さない 文房具収納
ぜんぶ定位置が決まっています!

各アイテムを置く場所にラベルを貼っています。

手前右のスペースのラベルの向きが縦横混じっているのは、
置くときのアイテムの向きに合わせているからです。

収納した状態がこれ。

探さない 文房具収納

・個人情報保護用のり・消えいろPit ⇒ 縦向き
・ホッチキスとドットライナー ⇒ 横向き

になっていますよね。
アイテムを取り出すと、ラベルが見えるようになっています。
こうしておくと、片づけるときに「どこに戻せばいいか」が一目瞭然なので戻すのが楽ちん!なんです^^

誰でも同じように戻せる!のがいいところですね(^^)/

ラベルは底と側面、どっちに貼るのが正解?

どちらかがぜったいに正解!ということはなく…

わたしはどちらに貼ったほうが見やすいか?で決めています。

ケースの手前側は、奥側は側面に付けている場合がほとんど。
奥側は1つの仕切りのスペースが小さめなので、底に貼るとラベルが見えなくなってしまうんです。

探さない 文房具収納

ペン類の仕切りには
『三色ボールペン・えんぴつ・蛍光ペン・サインペン』とラベルを付けています。

ペンを一度に全部使うことは少ないので、常にどれかは残っている状態。底面に貼るとペンに埋もれてしまうため、側面に貼ったほうが目につくんです♪(奥側の仕切りも同じ考え方です。)



我が家はペン立てがなく、ここに収納している文房具を使うことがほとんどです。
使用頻度が高いものほど

使いやすい状態をキープできる仕組み

ができているとストレスなく使えますよ♪

今回は、我が家の文房具収納を例に【定位置で管理する】ことのメリット・簡単な方法をシェアしました。参考になれば嬉しいです。

定位置の決め方は下の記事を参考にしてください^^

\まねしたいプロの技がいっぱい!/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
◆ 講座・セミナー・企業研修のご依頼はこちら
講座・セミナー・企業研修

◆ 整理収納(訪問・オンライン)のご相談はこちら
おうちの整理収納レッスン

◆ 募集中の講座・セミナーはこちら
講座・セミナー予定・募集

◆ ご質問・ご相談、お気軽にどうぞ♪
お問い合わせ

◆ サービスメニュー一覧はこちら
サービスメニュー一覧

◆ お役立ち情報をお届け中♪