結・Heart 鈴木やすこです。
セミナーやコンサルティングでよく質問をいただく服の処分のタイミング。

服が破れちゃった!、取れないシミがついた!!と、あきらめざるを得ない状況であれば簡単に処分できるのですが、そうじゃないことも多いですよね。

衣替えのたびに着ていない服を出し入れしていませんか?

今日は、見極めが難しい服の処分のタイミングを紹介します。

1シーズン着なかった服は手放す

まだ着れる!着れるんだけど・・・サイズがちょっと・・・とか(笑)
今着たいのはもっとシンプルな服なんだよな~・・・とか。

そんなこと、ありませんか?

実は、わたしも数年前までよくありました。でも、整理収納を学んだおかげで「着れるんだけど着ない服」がほとんどなくなりました。

今ある服は、どれもお気に入りで着ている服。
数年前と比べたらすごい変化です。でも、実践したのはたった一つの簡単なルールだけなんです。それが…

1年(1シーズン)で1回も着なかった服は処分する

基準は“着る”かどうか。とてもシンプルなルールですよね?
まだまだ着られる服でも、1シーズン着なかったら手放します。

以前のわたしは、タンスに服を肥やし上げてばかりでした。いつの間にかなくなった(と思った)服を断捨離で発掘したことも多数(笑)

そんな失敗をしてきて、自分の場合は「1シーズン着なかった服を次のシーズンに着たことがない」と気づき、1シーズンルールを作りました。

服
1シーズンルールで衣替えも楽勝!

簡単な衣替えの方法

1年(1シーズン)で1回以上着たかどうかは、すぐに分かりますよね。着たかどうか分からない服は印象が薄い服。つまり、優先順位が低い=なくても困らない服なんです。

シーズンオフになるタイミングで着なかった服を手放し、残す服を収納。シーズンを迎えるときにも、再度チェック。
お気に入りで着ている服は、何年も現役で活躍してくれています。

ここ数年、この単純作業の繰り返しで衣替えをしています。考えなくてもできる簡単な作業なので、5分もあれば十分。

このルールで整理しているクローゼットやタンスには”お気に入り”が詰まっていて、服を選ぶのが楽しくなります。

着るかどうかは4つの要素で決まる

わたしの場合は、突き詰めて考えてみると、着る服の条件は下の4つの要素がそろっていることです。基本の3要素がこれ。

・サイズ
・色、形、デザイン、素材
・服のいたみがない(許容範囲内)

そして、もっとも大きな要素が

気分・流行

です。1つでも欠ければ外に着ていけない服。家の中だけで着ることはできるけれど、玄関先に出て行くのもためらってしまいます。
ということは、やっぱり家でも着ない服なんですよね。

そうは言っても「まだ着られるから取っておきたい」と思う服があれば、ぜひ袖を通して外出したり、玄関先に出てみたりしてください。
抵抗がなければ、次のシーズンに様子を見てもいいと思います。



わたしの処分のタイミングは一例ですが、参考になればうれしいです。
あなた自身がいいとルールを考えてみてくださいね。
ルール(仕組み)があると、衣替えもラクになりますよ!

◆ 講座・セミナー・企業研修のご依頼はこちら
講座・セミナー・企業研修

◆ 整理収納(訪問・オンライン)のご相談はこちら
おうちの整理収納レッスン

◆ 募集中の講座・セミナーはこちら
講座・セミナー予定・募集

◆ ご質問・ご相談、お気軽にどうぞ♪
お問い合わせ

◆ サービスメニュー一覧はこちら
サービスメニュー一覧

◆ お役立ち情報をお届け中♪